• 1070160

上海式散翅 500g

あらゆる料理に!一番便利で使える散翅

上海式散翅

散翅の中で、最も活用用途が広いのが上海式散翅(しゃんはいしきさんつー)。 こちらはふかひれ姿煮として出回らないくらい大型のふかひれが主原料。ほどよくゼラチン質を残して作られており、プリプリの食感はもちろん、量感の豊かさが感じられる仕上がりになっています。原料のふかひれおすすめの使い方は、煮込みを得意とする上海料理。ポタージュ系のスープや、肉団子に練り込むなど、なめらかな食感をしっかりと残しつつも、煮込むことでゼラチン質のとろみを効かせるような料理にぴったりです。また、独特の量感を活かした点心類などにも向いています。お得な500gパック入り。
原料には特大サイズのふかひれを使います。

散翅とは?

ふかひれの姿を形作っている金糸(きんし)。それをバラしたものを、散翅(さんつー)といいます。
主にスープや煮込み、餡に練り込む素材等に使われますが、バラバラになっているからといって「姿煮のあまり」を使っていると思ったら大間違い。古樹軒では散翅を数種類ご用意していますが、これはプロの料理人が「作りたい料理の味と食感」を実現するため、各々料理に適した原料を吟味して作った、ひとつの立派な完成品なのです。
原料別に天日干しして作られます。
原料別に天日干しして作られます。
人の目と手によって丁寧に選別しています。
人の目と手によって丁寧に選別しています。

散翅の使い方
【1】散翅を常温、または水に10分ほど浸して解凍します。
【2】解凍した際に出た水分を捨て、軽くすすぎます。
【3】沸騰したお湯に洗った散翅を入れ、10分間煮沸します。
※臭みをとる場合は、3でねぎ、しょうが、紹興酒を入れて煮ます。
【分量のめやす】ふかひれスープに使用する分量は、1人あたりおよそ20g前後です。
あとはお好みで調整してください。

ふかひれスープレシピをプレゼント

ご購入の散翅を使った、ふかひれスープレシピを、もれなくプレゼント!
広東式散翅でつくる極上ふかひれスープ
広東式散翅でつくる
極上ふかひれスープ
上海式散翅でつくるコッテリふかひれスープ
上海式散翅でつくる
コッテリふかひれスープ
ふかふか散翅でつくる酸辣湯(サンラータン)
ふかふか散翅でつくる
酸辣湯(サンラータン)

100gはこちら

販売価格(税別)
¥8,000
在庫状態
在庫有り
数量
簡単たれシリーズ