古樹軒とは

「上有無花之古樹」。上には無花之古樹有り――。
李白の漢詩、「覇陵行送別」の中に「古樹」が登場する一節があります。頭上に古木が垂れる古道の岐路で、友との別れを偲ぶ詩。この古道は都の長安へと続きます・・・。
出会いや別れのときには優雅な宴を催し、最高の食でもてなしてきた中国の文化。
四千年の歴史は、「食人」と味わう人の思いを紡いできた道筋でもあります。
中国の古道は国境を越え、時を超え、新しい食の都、古樹軒へ。

古樹軒は、格式高いホテルやレストラン、著名なシェフよりご指名いただいているプロユース食材を家庭用にお買い求めいただける食の発信地。本格中国料理に欠かせない乾貨(ふかひれやアワビなど)や醤(ジャン)などの豊富な食材から、有名店のメニューを再現した究極の冷凍惣菜まで。その品数は国内最大規模の800品目以上。
中華食材の専門知識を持ったスタッフの接客、中国茶を試飲いただける茶藝館でのおもてなし、一流シェフによる料理教室の開催と、トータルで中華の魅力をお伝えします。

脈々と歴史を受け継いできた古樹は、新しい地の水で息づき、長い枝葉となり、みなさんの食卓に宴の花を咲かせます。
本場以上の味わいを、いつでもご家庭で。
古樹軒が、“最幸級” 中華をプロデュースします。

髙橋滉

株式会社中華・高橋 |
代表取締役社長
髙橋 滉

社長あいさつ

「日本の中華をもっと楽しもう」。これは古樹軒の母体である、中華・高橋のコーポレートスローガンです。当社は昭和28年に祖父が創業し、高級中国料理材料を専門に扱ってまいりました。平成13年小売セクションを立ち上げるにあたり、古樹軒の名と祖父の思いを引き継ぎました。
平成25年には中国料理惣菜の開発・製造拠点および情報発信基地として、C’s kitchenを立ち上げ、専門店ならではの高品質食材を一般の方に向け販売しています。当社の商品は、本場の味わいはもとより、日本人の繊細なエッセンスで昇華したお惣菜など、日本の中華の醍醐味が詰まっています。
社員1人ひとりが中華を極め、楽しみ、お客様にも喜んでいただけますように、との思いを込めて。当社の商品や料理教室を通して、中華の文化を広めていくことがわたしたちの使命です。

取り扱い商品Products

宮城県気仙沼の自社工場で作られるふかひれをはじめ、「鮑参翅肚」と呼ばれる四大乾貨のうち、あわび、なまこ、ふかひれ、のほか、香味油、香辛料、中国茶、中国酒、冷凍点心・惣菜など、高品質な一級品を多種多様に取り揃えています。
食材、1つひとつが華やかな付加価値を添え、家庭の中華がプロの味わいに近づきます。ぜひお試しくださいませ。

気仙沼 自社工場
気仙沼 自社工場

海の宝は鮮度が命、安心の自社加工
鮫の水揚げ日本一を誇る気仙沼の自社工場で生産、加工しています。加工が難しい鮫の部位も独自の技術を駆使し、安心、安全の商品をお届けしています。

会社概要Company Profile

概要

商号 株式会社 古樹軒
創立 2001年(平成13年)5月7日
資本金 1,000万円
業務内容 中華食材の販売、中華惣菜の企画・開発、料理教室の運営
従業員数 6名
代表者 代表取締役社長 髙橋滉
主な取扱商品 ふかひれ類(レトルト排翅、冷凍散翅 他)、水産品(鮑、なまこ、くらげ 他)、農産品(乾物食材、缶詰、ザーサイ 等漬物他)、畜産品(北京ダック、金華ハム、ピータン 他)、油脂類、スープ類、調味料類、香辛料、粉類、麺・餅類、点心類、デザート素材、酒類・飲料、茶
取引銀行 三菱東京UFJ銀行大伝馬町支店 東京都民銀行茅場町支店

沿革

平成13年5月 株式会社古樹軒設立
宮城県気仙沼の自社グループ工場で作られるふかひれを手軽にご家庭で楽しめるレトルト食品として、一般消費者向けに販売
日本の中国料理界をリードする一流シェフによる料理教室を運営
眼前でプロの技をリアルに体感できるデモンストレーションスタイル
平成25年5月 自社グループ新工場「C’s Kitchen」竣工
古樹軒オリジナル中華惣菜の開発着手
平成25年7月 有名中華レストランとの商品開発開始
古樹軒 店舗内観
古樹軒 店舗内観